通常調査

第30回 ウィスキーとスコッチとバーボンの違いは?

調査隊☆おまけ

取材に行って聞いてきた内容で、どーーーーーーーしても時間の都合ではいらなかった「えっ!そうなんですか?」「知らなかった!」お店の人に聞いた皆さんにちょっと知ってもらいたい情報!
語り尽くせないほどの奥深い魅力溢れるウィスキー。

■そもそもウィスキーってなに?
大麦・ライ麦・トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素で糖化させ、発酵させて作る蒸留酒。
アルコール度数が40%以上であることや、樽の熟成期間などの規程があり、産地によってさまざまな取り決めがあります。

■スコッチやバーボンだけが有名じゃない!
スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ・日本の5カ国がウィスキーの産地として有名です。
日本でウィスキーが作られた当時はスコットランドの製法をベースに造られていたそうですが近年では品質が上がり、世界的に注目されているウィスキーとなっているそうです。

■スコッチとバーボンの味わいの違い
スコッチのシングルモルトウィスキーは個性が強めで味わいがしっかりとしているものが多いとのこと。
一方グレーンウィスキーは比較的穏やかな風味で、その両方を調合させたブレンドウィスキーはクセが少なく、まろやかなものが多い。
バーボンは、スコッチと比べると甘い香りと風味が味わえるそうです。
ただし更に銘柄が分かれるため、それぞれで多種多様な味わいが楽しめるのもウィスキーの魅力の一つ。

■スコッチとバーボンの作り方の違い
材料の他にスコッチは古い樽を繰り返し使用し、バーボンは新樽を使うという違いがあります。
同じ樽でも味わいや風味が大きく変わるそうです。
1つの銘柄で味が変わらないようにするため、数種類の樽からウィスキーをブレンドし味の統一を図るマスターブレンダーと呼ばれる方が各蒸留所におられるそうです。

またスコッチの多くは製造の工程で大麦を乾燥させる際、「ピート」という燃える土を使って加熱を行います。
これにより、ウィスキーに燻製のような芳ばしい香りが移り、独特の風味を醸し出されています。



調査内容募集!

ウィッキィ調査隊では、みなさまの『食』に関する疑問を募集しています。
気になる素朴な疑問や質問をドシドシお寄せください!



★調査依頼の受付はコチラ


出演者募集!

調査内容募集はもちろんですが、出演店舗様も募集しています。

< 募集要項 >

対象は富山県内にお店をお持ちの方。撮影費、掲載費は発生せず広告効果も期待できます。
まずはお気軽にご相談ください。
※費用は一切かかりませんが、必要となる場所とお料理などはご協力ください。


Check
« 前の記事 | 通常調査記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.