必見!映画とお酒を1.5倍楽しむ方法

第3回 このカクテルの名は・・・【マティーニ:007 カジノロワイヤル】

ジェームズボンド
名     前 マティーニ
発  祥  国 ニューヨーク(諸説あります)
アルコール度数 35%

007シリーズ第21作。ジェームズボンドをダニエル・クレイグが演じた初めての作品
「007 カジノロワイヤル」(2006年)
1962年から現代まで続くとっても有名なスパイ映画。知らない人はまずおられないと思います。

映画好きと自分で言っておきながら、僕は前ジェームズ役のピアース・ブロスナンの作品しか見ておらず、このカジノロワイヤルで007の世界にどっぷり浸かりました。

さて、今回紹介するマティーニというお酒はジンベースのカクテルで、こちらも非常に有名。
生まれはニューヨークですが世界各国でさまざまなレシピで飲まれ「カクテルの王様」とも呼ばれています。
そんなマティーニはこの映画で「ヴェスパー」という名前で登場します。

是非見ていただきたいのでネタバレしない程度に紹介しますが、カジノロワイヤルというタイトルにある通り、相手を読み合い、絶望的な運をたぐり寄せるような緊張感溢れるカードゲームが劇中で行われます。
そんな最中、ジェームズはウェイターにレシピを付けたカクテルを注文します。
それが、「ゴードンジンを3、ウォッカを1、キナ・リレのベルモットを0.5、良くシェークして、レモンの皮を薄く切って沈める。」

いやー細かい!
正直なんのこっちゃで、ウェイターも勝負相手もぽかーんとしてるんですが結局勝負に勝ちます。

その後すぐジェームズは愛する女性、ヴェスパーと食事をするのですがそこでさっきと同じ物を注文し、よく味わってからのこの台詞。
「このカクテルにヴェスパーと名前をつけよう」
そのやりとりが格好良すぎて!よく見るとカクテルも黄金色ですごくキレイ!

ちなみに「キナ・リレのベルモット」とはフランス・ボルドー産の食前酒のこと。

ベルモットとは白ワインに香草やスパイスを調合した薫り高いワインで、食前酒以外にも香りや風味を加えるようカクテルの調合用によく使用されるそうです。


こんな風にバーで自分だけのオリジナルレシピを注文して、好きな女性の名前を名付ける。

なーんて凝った演出をしてみるのも素敵ですよね。


■独断と偏見で選ぶ、この映画にピッタリなお店はコチラ!

Itelian Bar BEONE(イタリアン バー ベオーネ)
(富山市総曲輪2丁目6-17 2F)

マスターの素敵な笑顔とシェイカー使いに癒されて、素敵なカクテルを教えてもらいましょう!

<絵と文:エイチ>


Check
« 前の記事 | 必見!映画とお酒を1.5倍楽しむ方法記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.