特集

男性必見!おしゃれ女子と立ち飲み「バル」を楽しむ

食欲の秋到来!美味しいものが沢山出てくる季節ですね。 食べたい物が色々あって悩んじゃいますよね。「美味しいものを沢山、手軽に食べたい!」という要望にピッタリ!近年、富山県でもお店が増えて来ているバルについてご紹介したいと思います。おしゃれ女子を誘って美味しいお酒と料理を楽しみたい男性の方必見です!! 今回は、富山駅前にあるbarbanco(バルバンコ)さんにお話をお聞きしてきました。

バルはスペイン発祥の立ち飲み居酒屋

バルは、スペインが発祥。カウンターがあり、すぐに出てくるタパスがあるお店。フレンドリーな雰囲気で、相席した人同士も会話が弾みお酒や料理を楽しめます。1杯飲んで別のお店に行くのもよし、二次会で軽く飲むのもよし、いろんなタパスを楽しむのもよしと色々なシーンで使い分けが出来ますね。
基本は立ち飲みですが、お店によっては座るスペースもあるので、ゆっくり楽しみたい方にもおすすめですね。

バルの料理といえばタパス

タパスとは、小皿料理です。
生ハムやアンチョビ、オリーブが小皿に乗っているだけでもタパスになります。揚げ物、サラダ、フライドポテトが小皿に乗っているのもタパスです。特に、具材や料理のルールは無いのでお店によって様々な味が楽しめるのでハシゴするのも楽しみの1つですね。本場のバルは、カウンターが中心なので物を置けるスペースが限られているので、グラスの上に小皿をのせていた事が小皿料理タパス=バルになった由来だとか。

女心をくすぐる!彩り鮮やかなピンチョス

バルの楽しみの1つとしてピンチョスがあります。
ピンチョスとは、カウンターに並んでいるスペイン料理。串が刺さっているのが特長で、バケット、魚介、チーズ、生ハム、アンチョビ、海老、卵・・・様々な具材を組み合わせたものです。
タパスと同様、具材の組み合わせのルールはなく、ちょっとずつ美味しい物が組合わさって彩りが綺麗なものが多いそうです。
種類は何十種類になるお店もあるのだとか。barbancoさんでは、常時15種類程並んでいます。
見た目もケーキのようにキレイで可愛いので女性はわくわくすること間違いなし!見ているだけでも楽しいと思います。
ほとんどのお店はピンチョスの価格が統一されています。
その理由のひとつとして、本場でスペインでは、お皿に自由にピンチョスをのせて楽しみ、会計は串の数でするそうです。串が刺さっているのは、そういった理由があるそうです。
ちなみに日本では、お店によっては串が刺さっていないものもあります。

barbancoさんでは各国のおしゃれ料理も楽しめる
スペイン料理の他にも、キッシュ、ケークサレ、パテドカンパーニュなどのフランス料理も楽しめます。キッシュはタルト生地にほうれん草やチーズ、ハムなどの具材を流し込んで焼き上げたもので、ケークサレは塩ケーキ。見た目はパウンドケーキと一緒ですが、具材は肉や野菜を入れたもの。パテドカンパーニュは、豚肉を練ったものを固めて焼き上げたものです。
どれも響きがおしゃれな料理で女性が好きそうですよね。

男がエスコート!率先した行動で女心をつかむ!

バルは、カウンターにドリンクや料理をとりに行かないと行けません。
カウンターは多い時は混雑している場合があるので、男性は人ごみをかき分けてドリンクや料理を取りに動いたり、女性のためにスペースを確保するなど動けば、女性陣はあなたにときめくこと間違いなし!
料理でも、黒板などに書かれているメニューで分からない物があった場合は好奇心を持って店員さんに聞いたりすると、お店の女性スタッフとも話題が弾むことも。

今回、お話をお聞きしたbarbancoさんは地産地消をめざし富山県内の野菜や卵や牛乳など多くの県内素材を使われています。
ビールも富山の地ビールを常時置いているので県外の方にも安心しておすすめできますね。
これから富山県内にどんどん「バル」が増える事を願って、女性を誘ってでかけてみてはいかがでしょうか。


[記事協力]
barbanco
住所:富山県富山市新富町2-5-3
電話:076-471-5355
営業時間:[火~土・祝] 11:00~翌1:00
     [日] 11:00~24:00
     夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:月曜日

編集後記:「実際にお店で様々な種類のピンチョスを見せてもらいましたがどれにしようかわくわくしちゃいましたね!色々な種類を食べたいなと思いました。by おたから

Check
« 前の記事 | 特集記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.