特集

作ってみよう☆グルメブログ

料理をきれいに、おいしそうに撮る方法の基本は・・・・
その1 明るいところで撮る!
その2 大胆な構図で撮る!
その3 ちょっと高度テクニック 周りをぼかして撮る!

この3つです!3回にわけてこのコツを紹介します☆

おいしい写真を撮る!・・・その前に大事なこと!!

☆店員さんに許可をとりましょう
 お店によっては料理の写真を撮られるのは嫌だと思われる場合もあります。店員さんが料理を持ってきてくださったタイミングで、「おいしそうですね!写真撮ってもいいですか?」と聞いてみましょう。まず褒めるところがポイントです。
☆カメラをチェックしましょう
ポイントは2つ。
・フラッシュは必ずオフにする
・操作やシャッター音が鳴らないようにする
フラッシュやシャッター音は周りの人に迷惑になります。ケータイのカメラはシャッター音を消すことができないので、店内で写真を撮るときは、コンパクトなデジカメがおすすめです。

「その1 明るいところで撮る」

ポイントは窓際の席や、ライトの下で撮るようにすると室内の中でも比較的明るい写真を撮ることができます。入店時に、席に余裕があるようなら、窓際の席に座れるように店員さんに聞いてみましょう。もちろん明らかに混みあってるときはNGですよ!
撮るときはカメラや腕で料理に影が出来ないように注意します。
明るい場所で撮ることで、手ブレの心配も軽減できます!

<手ブレを防ぐための撮影小技 コンパクトなカメラの持ち方>

カメラの持ち方の基本は、脇をとじて腕が動かないように固定することです。

コンパクトデジカメなら、左の掌を人差し指が水平になるように自分の方に向け、親指を垂直に立ててL字をつくり、親指と人差し指で出来た直角の角にカメラをあてて構えます。なるべくカメラを体に近付けておくこともポイントです。そうすると自然に脇がしまってブレにくくなりますよ!
ケータイにも応用できるので試してみてください☆


こちらもチェック☆ >>スマホをデジカメに!静かに撮れるカメラアプリ

 

Check
« 前の記事 | 特集記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.