特集

富山県発祥のスゴイ水! 海洋深層水特集

海のイメージ みなさんは海洋深層水をご存知ですか?
「海の深い所にある水」「栄養がある水」「美味しい水」・・・
なんとなくイメージはあるけど、普通の水と何がどう違うんでしょう?
実は!!富山県は深層水発祥の地。
今回は、富山県内でも深層水を身近に感じられる施設がある「ウェーブパーク滑川」さんから、深層水の魅力をギュギュッとご紹介します!

そもそも海洋深層水ってどんな水?

滑川海洋深層水分水施設「アクアポケット」 まずやってきたのは、滑川海洋深層水分水施設「アクアポケット」さん。
こちらでは様々な種類の海洋深層水を購入することができ、年間2万人の業者さんや一般の方が訪れているそうです。

さて、まずは海洋深層水とはどんな水か詳しく教えていただきました。

■海洋深層水とは
太陽の光が届かない水深300m以上にある海水のこと。
大きな特長は、年間を通じて低温で安定しているため有機物・細菌類が少なくキレイであること。
そして窒素やリンなどの栄養塩が豊富でミネラルバランスが良いことがあります。
富山湾は水深が深く、特に滑川では陸地からほどなく水深が300mを超えるため、取水に適した地域とされています。

※深層水の名称、基準となる水深は地域によって異なります。

なんと!アクアポケットさんでは、滑川沿岸にある取水施設で24時間休まず1日2000トンも汲み上げています。
その原水や、脱塩装置を使って段階的に塩分を調節した水を購入することができます。

海洋深層水の種類

【脱塩水】(10リットルまで100円)

深層水の成分をわずかに残して清浄された深層水。
アクアポケット売れ筋No.1!

ウィッキィとやまスタッフの試飲レポート

試飲レポート 混じり気のない純水という感じで、水道水特有の臭みは全くないですね。
ノドをスーッと通る感覚は、富山の水道水はキレイと有名ですが、飲み比べるとハッキリ分かるほどでした。 口当たりがとてもなめらかで美味しかったです。

【原水】(100リットルまで200円)

全塩分濃度 約3%の海洋深層水そのもの。
飲用ではなく料理や入浴剤として使われます。

ウィッキィとやまスタッフの試飲レポート

試飲レポート その名の通り、海洋深層水そのままなのでとてもしょっぱい!
でも普通の海水のような「雑味、とげとげしい感じ」はありません。
私が飲んだのは味見程度の小量ですが、それでも旨味を感じ、料理の隠し味にも使えるそうです。 ただ、やはり飲用は無理ですね。

【高濃縮水】(10リットル250円)

全塩分濃度13~15%まで深層水を濃縮した深層水。
塩作りや産業分野での利用に適した水です。
ここまで濃縮した深層水を取り扱っている施設は日本でも珍しいそうです。

ウィッキィとやまスタッフの試飲レポート

試飲レポート 塩分濃度 13~15%は伊達ではなく、とんでもなくしょっぱい!!
なめた瞬間にのどが乾くほどで、口の中で塩がつくれそう。
キュウリの浅漬けをつくると美味しそうです。

■ポイント
施設内 脱塩水の成分は純水に近く、「混じり気のない水」という位置づけであること。
海洋深層水の豊富な栄養素を期待される方は、原水や高濃縮水がオススメ。
いずれも気軽に試飲することができるので、施設の方と相談して自分に合った深層水を選ぶことができます。

また、施設内では、海洋深層水を使った塩や、入浴剤などの製品の展示もされていますよ。

アクアポケット アクアポケット
住  所:滑川市坪川新31番地
電  話:076-476-9305
営業時間:9:00〜17:00
定  休:火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

次ページ 海洋深層水を使ったグルメを味わおう


Check
« 前の記事 | 特集記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.