特集

飲み会で先輩に好かれる3ポイント

会社や学校の先輩に好かれる3ポイント

4月は、会社や学校で歓迎会が開催される季節。
新入社員や新入生の方は先輩とお酒を飲む機会が増えるはずです。
過去にウィッキィとやまでは「宴会・飲み会でのマナー」「送別会」「新入社員歓迎会」「宴会・飲み会でのマナー特集(合コンマスターへの道)」と、飲み会に関する数々な内容を紹介してきました。
ウィッキィ調査隊の街頭インタビュー「先輩に好かれる後輩は? おごるならいくらまで?」で調査した結果、好きな後輩では「場を盛り上げてくれる人」「気が利く人」「楽しそうにお酒を飲んでいる人」といった意見が出ていました。ということで、好かれる後輩になるポイントをご紹介します!

ポイント1:話し上手になって場を盛り上げよう!

ポイント1話し上手になって場を盛り上げよう! まずは積極的に発言しましょう!まったく喋らなかったら「喋らない子」「暗い子」という印象を残してしまいます。
飲み会に行く前に、会社や学校の事で「先輩に聞きたい話」を、あらかじめ考えておけば慌てなくてすみますよね。
他にも、たわいもない会話から先輩との共通点がみつかって盛り上がるかも!
でも、会話は「言葉と言葉のキャッチボール」
自分が楽しくても相手が楽しくなければ会話は成立しません!
相手の表情をよく見て、自分の話に対して相手がどう感じているのかを読みとるようにすることも大事です!

でもどうしても話せない・・!!

でもどうしても話せない! 話をするのがどうしても苦手なのであれば「聞き上手」になりましょう。
「もっと詳しく聞かせてください!」「すごいですね~!」など、先輩が話しやすい状況を作っていくことを考えて、先輩に気持ちよく話してもらいましょう!
「人の話を聞ける人」という印象を持ってもらえるように聞く体勢になる事が大切です。

ポイント2:気配り上手になって周りの様子をチェック!

ポイント2気配り上手になって周りの様子をチェック! 次に周りを見ましょう!箸が足りるのか足りないとか、頼んだ物がまだ来ていないとか、先輩のグラスが空いていないか。
焼酎などお酒を作る係りは、率先してやるようにしましょう!
お座敷で飲んでいる場合は、1人につき1回はお酌に行きましょう。お酌をする順番は上座から順にですが、臨機応変に回る事が大切です。
先輩に気をつかわせてはダメですよ!気配りもやりすぎるとありがた迷惑になってしまうので注意!

でもどうしても気配りできない・・!!

でもどうしても気配りできない・・!!しっかり周りをよく見てみましょう。
動けないのであれば、先輩が上司に対してどう気配りしているのかを観察してみましょう!
最初は出来なくても後半から先輩のマネをしてチャレンジ。頑張っている印象をもってもらえるように努力する事が大切です。

ポイント3飲み上手になって楽しいお酒を飲もう!

ポイント3飲み上手になって楽しいお酒を飲もう! 「明るく・元気に」を心がけて飲みましょう!
輪の中に入らず、1人でもくもくとお酒を飲むのはNGですよ。
でも、お酒を飲み過ぎて調子に乗りすぎるのは禁物!
飲んで態度が大きくなったり、愚痴を漏らしたりすると印象が悪くなってしまうので飲みすぎには注意しましょう!!

でもどうしてもお酒が飲めない・・!!

でもどうしてもお酒が飲めない・・!!でもどうしてもお酒が飲めない・・!! 苦手でどうしても飲めないというのであれば「勧め上手」になりましょう。
お酒が飲める先輩に積極的にお酌をしにいきましょう。
「飲まなくても楽しめる人」といった印象をもってもらえるように努力することが大切ですよ。

いかがでしたか? 先輩との初めての飲み会で緊張している事とわ思いますが、多くのことを深く考えるのでは無くこの3つのポイントを押さえて会社の飲み会に備えてみてはいかがでしょうか。

編集後記:自分が新入社員の時代にこのポイントを押さえていたのかというと・・不安な所があります。当時、先輩にどう思われていたのかも怖くて聞けません(笑)でも、この3つのポイントは、後輩はもちろん先輩も大事な事だと思います!!「こんな事は当たり前」とか思わずもう1度見直してみてください★


Check
« 前の記事 | 特集記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.