特集

おせち特集

おせち特集

おせちお正月といえば、「おせち料理」と「お雑煮」が定番ですよね。
でもなんでおせち料理を食べるのか?
お重にしているのはなんで?入ってる料理も一緒なの?と思っている人もきっといるはず!
そこで、今回はおせちについて調べてみました!

なぜお正月におせちを食べるの?

おせち料理とは、「お正月に食べるお祝いの料理」です。
「おせち」とは本来、暦上の節句のことを指します。
その際に食べる料理をおせち料理と呼んだため、現在では節句の1番目にあたる正月の料理を表す言葉として使われています。

お重は何段重ね?

おせち 重箱にをおせち料理を詰めるのは、めでたいことを重ねるという願いを込めて料理が詰められています。
基本は四段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼びます。
でも、地方や家庭によっては五段重ねもあるので絶対的な決まりごとではありません。
四段目のお重を「四の重」と書かないのは「四」が「死」を連想させ縁起が悪いとされているからです。
詰め方や料理の組み合わせは地域や家庭、しきたりなどによって様々ですが、まずは最も代表的な詰め方を紹介します!。

一の重 黒豆、数の子、ごまめ(田作り)などの祝い肴〔ざかな〕
二の重 伊達巻やきんとんのような甘いもの中心
三の重 魚や海老の焼き物など海の幸
与の重 野菜類の煮物などの山の幸
五の重 何も詰めない

五段重ねの場合はその中は何も詰めない事が多いです。
空になっているのは、現在が満杯(最高)の状態ではなく将来さらに繁栄し、富が増える余地があることを示しています。

おせちにこめられた願い

詰められている料理には、それぞれちゃんと意味が込められています。

黒豆 一年中「まめ(まじめ)」に働き「まめ(健康的)」に暮らせるように。
数の子 たくさんの卵があるというところから、子孫繁栄。
田作り
(カタクチイワシの幼魚の乾燥品)
稲の豊作を願う気持ち、五穀豊穣。
海老 腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められ、海老の赤色は魔よけの色とも言われています。
昆布巻き 「よろこぶ」 の語呂合わせから祝いの儀には欠かせない食材です。
きんとん 「金団」と書き、その色から財産、富を得る縁起物とされています。
紅白なます 紅白のおめでたい色は水引を表し、紅白の組み合わせは平和を願う縁起物です。
伊達巻 「伊達」とは華やかさ、派手さを表しています。また、巻物に似ている事から文化の発展を願う縁起物という説もあります。
かまぼこ 赤は魔よけ、白は清浄を意味しています。
たたき牛蒡 豊年と1年の息災を願う食材です。
くるみ くるみには、「実り」と「家庭円満」への願いがこめられています。「家庭円満」は、くるみの硬い殻が家庭を守ることに由来しています。
里芋 子芋がいっぱい付く里芋は、子宝にめぐまれるように。
※八つ頭(里いも)...万事人の上に立てるよう、頭になれるようにと、出世を願います。
くわい 芽が出ること、また子球がたくさんとれることから子孫繁栄。
お多福豆 文字通り沢山の福を招くという意味のお総菜です。
れんこん 沢山の穴に例え、将来の見通しが良くなるように。
錦卵 錦は財宝に通じるので縁起がよいとされます。
だいだい
(柑橘類の果物)
黄色が太陽や生命力の象徴とされるとともに、先祖「代々」にかけて子孫繁栄を祈念しています。
わかさぎ 複数の小魚になぞらえて、子宝が多く授かるように。
黄金巻
(湯葉を焼いたやつ)
原料にゆばを使用しています。ゆばには「ゆばを食するところに病気なし」 との言い伝えがあり、健康への願いがこめられています。
ちょろぎ
(シソ科の植物の肥大した地下茎)
「長老喜」「千代呂木」などの字があり、長寿の縁起物です。酢、または赤梅酢で漬けます。

無病息災と子孫繁栄の願いを祈ったものばかりですね!

余ったおせちの保存方法

おせちを作って「多く作りすぎたわ」「食べ切れなかった・・」という経験ありませんか?
そこで、余った時にどう保管すればいいかちょっとだけご紹介。 なます・・本来保存食ですが、2~3日が限度。なますを扱うときは、箸先をきれいに拭いて使うのも日持ちのポイントです。早めに作る場合は、甘酢をひと煮立ちさせて冷まし、ここに漬け込むと日持ちはぐんと良くなりますよ。          

富山の家庭のおせち

地方や家庭ごとに違うお節の中身、そこで!
ウィッキィとやまが独自に調査した富山の家庭でよく出ているおせちをご紹介します!

おせち <回答が多かったおせち>
煮しめ、金平ごぼう、黒豆、なます、数の子 、だてまき、くりきんとん、おすわい、黒豆、いくらの醤油づけ、田作り、かまぼこ、叩き御坊、昆布巻き、昆布〆、蒲鉾、黒豆、海老、煮物、イクラ、数の子、ススタケ、伊達巻、錦糸たまご、酢かぶら、酢蓮根、棒だら、だしまき卵、煮物、酢の物、べっこう・・・
と、おせちにこめられた願いで紹介している料理が多くつまっていました。

<子供用洋風おせち>
エビフライやからあげ、ミートボールがつまった洋風お重。

<お重は使わない!>

段重ねの丸い陶器入れたり、丸皿でオードブルみたいに盛り付けできる器に盛り付けたり、お重は使いません。
ひとりひとりの皿に少しずつ盛っていただくそうです。

<かぶら寿司>
おせち料理にかぶら寿司を出す家庭がありました。
かぶら寿司は、石川発祥のお寿司で江戸時代金沢近郊の農家が、正月のご馳走としてブリを食べる時に、贅沢を憚りブリをカブで隠すようにして食べたのが始まりとされているそうです。

おせちの裏技テクニック

栗きんとんは手作りした場合多すぎて困ることはありませんか?
回答していただいた家庭で、タルトのカップに盛って卵の黄身を塗ってトースターで焼いてスイートポテトもどきにするご家庭もあるそうです。「おいしくてあっという間になくなるよー」とのことなので皆さんも栗きんとんを作りすぎた際には試してみては?

なぜお正月におせちを食べるの?

おせち料理とは、「お正月に食べるお祝いの料理」です。
「おせち」とは本来、暦上の節句のことを指します。
その際に食べる料理をおせち料理と呼んだため、現在では節句の1番目にあたる正月の料理を表す言葉として使われています。

今回、アンケートに協力してくれた皆様ありがとうございました!
アンケートした結果を見ると、「かまぼこ」では紅白のかまぼこではなく、一般的なうずまきのかまぼこを入れているご家庭が多いみたいです。

そこが富山ならではといったところでしょうか。あなたのご家庭のおせちはこれに当てはまるものがありましたか?
お正月のもう1つの定番、お雑煮についての特集は「富山のお雑煮大・研・究!」をご覧ください!

おせちに飽きたら家族そろって外にご飯を食べに行ってはいかがでしょうか!


Check
« 前の記事 | 特集記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.