特集

大人の常識 食事のマナー

大人の常識 食事のマナー

楽しく食事をするマナーには相手への気くばり、心くばりが大切です。
しかも、食事のマナーを必要とする場面は「会社の取引先との接待」「彼氏や彼女とのデート」「家族や親戚とお祝いごと」「急なパーティー」などによって実にさまざま!
社会に出たらある程度のマナーは身につけておかないと、何気ない行動で恥をかいてしまうかも!?今回は4つのパターンに分けてご紹介!

会社の接待にも役立つ!和式のマナー

和室での座席についての心得

部屋の上座と下座に注意し、すすめられてから着席をしましょう。
勝手に座るのはマナー違反です。

座順・床の間がない場合

出入口に遠いほど上座になります。
例えば取引先やお客様との会食の場合には部屋に通されたらまず部屋の隅か下座に座り軽く会釈をしましょう。

座順・床の間がある場合

床の間があれば、それを背にした席が最も上座です。
次に良い席は、床棚の前の席となります。

和室でしてはいけないこと

座布団を踏む。敷居を踏む。畳のへりを踏む。畳のへりに座る。

"デートに役立つ!洋式のマナー

お店のスタッフを味方につける

スタッフを味方につけるもてなす相手をより楽しませるために、お店のスタッフを味方につけましょう。
予約する時に、伝えられる情報はお店の方に伝えましょう。(日時・時間・予算・好み苦手なもの・記念日など)年配の方がいる場合はその旨も伝えるといいでしょう。お店の方が一緒に最高のもてなしを演出してくれます。

座席について

座席について和室と違い、レストランなどでは上座や下座は席により変わってきます。
もてなす相手が居心地の良い席が上座となります。
自分がもてなす側になった場合は、下座に座りましょう。わからなくても席まで案内してくれるスタッフの方がフォローしてくれます。
あらかじめ「夜景が見える席」「入り口から遠い席」など、希望の席がある場合は予約の際に一緒に伝えると良いでしょう。

レディーファーストを心がける

ちゃんと心がけてる?普段なかなか出来ないレディーファースト。
レストランなどでは常に心がけましょう!!

レディーファーストのポイント

大勢でワイワイ楽しむ!中国式のマナー

円卓に座る場合の座順

座順ドアから遠い席が上座。近いほど下座になります。
中華料理のレストランでは、主賓が席に着くまで出入口近くで待つようにしましょう。上座や下座がわかりにくい場合は、壁際など奥まった落ち着きやすい場所が上座だと考えましょう。通路側の席は下座になりますのでもてなす側が座ってお店の人とのやり取りやオーダー役を引き受けましょう。

オーダーの基礎知識

中華料理大皿から取り分けて食べるの??が基本になるので、コースの量は一人前ではありません。コースで注文する場合は何人分のコースかを確認してオーダーしましょう。
一品ずつ注文する場合も、一品が1人分ではなく小盆と書かれてあれば2~3人分、中盆で4~5人分が一般的。でも、一皿の量はお店によって違うので必ず何人分かを確認しましょう。

円卓の回し方

順番もなく回しては取り合いになってしまうので、時計回りに回します。左側のすぐそばに取りたい料理がある場合はこの限りではありません。
回すときは食器がぶつからないか、他の人が取っている最中ではないかを確認してから回しましょう。円卓を使っているときは、必ず席に座って料理を取ります。席を立って料理を取るのはマナー違反です。

大皿の取り分け方

大皿の取り分け方大皿のお料理は、上座の方から順番に取っていくのが基本です。その際のマナーとして、まだ取っていない方に対して「お先に」のひと言を忘れないことも大切です。自分の順番に回ってきた際は、全員にいき渡るように配慮し、少々少なめに取っていくと良いでしょう。一周し、全員が取り終わった後残ったお料理は、お代わりをしたい方が取ります。

なお、特にご高齢の方など以外は、ご招待した方や目上の方に対しても、基本的に取る必要はありません。
また、1つの取り皿に複数の種類のお料理をよそうと、ソースの味が混ざってしまいます。極力、1つのお皿には1種類のお料理をよそうようにしましょう。

これはあたりまえ!?共通するマナー

食事中に喫煙しない!

喫煙普段喫煙をする人にとってはあまり感じない事かもしれませんが、喫煙しない人はタバコのにおいに敏感です。
また、タバコのにおいが料理に移ることや料理の香りが消えてしまうこともあります。せっかくの料理にタバコの煙がのるなんて、嬉しくありませんよね。
どうしても吸いたい場合は、全ての食事が済んでから一言断ってから吸うようにしましょう。
※喫煙可能な場所で吸いましょう。

話をするときは、お箸や器をおきましょう

おちつきましょう口の中に物がはいったままで話をするのはいけません。
話がはずんでいても口の中の食べ物は飲み込んでから話しましょう。

苦手な物、食べ残し

料理を残すことは、一緒に食事をする人や、作ってくれた人にも失礼にあたります。
できるだけ残さないようにするのがマナーですが、苦手な物を無理に食べる事はありません。やむをえず残してしまう場合は、控えめに残しましょう。皿の奥にまとめて寄せ、なるべく目立たないようにします。
苦手な物の場合は、手をつけて残してしまうと味が悪かったのかと思われてしまいますので手をつけず残しましょう。

▼あわせて読みたい
飲み会で先輩に好かれる3ポイント
宴会・飲み会でのマナー(合コンマスターへの道)
新入社員歓迎会
送別会特集
宴会・飲み会マナー


いかがでしたか?マナーを知る、体験することで自分の経験値が上がりますよ!
これを押さえて、食事に出かけてみてはいかがでしょうか。

編集後記:ついつい忘れがちになってしまうマナー。
気を引き締めて自分も食事のマナーを見直したいとおもいます!


Check
« 前の記事 | 特集記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.