とやま食の雑学

『甘エビの名前の由来』

甘エビは、タラバエビ科のエビで、甘エビの名で親しまれていますが、正式には"ホッコクアカエビ"と言うエビ。
寒海に生息するエビで、その身の甘さから別名で呼ばれる様になりました。最初の2年半から4年は雄、その後は雌に変化。
小型のエビは全てが雄ですが、半年程かけて生殖腺が精巣から卵巣に変わり、殆ど全ての個体が雌に性転換します。
このため通常食用として流通されるサイズのエビは雌ということになります。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.