とやま食の雑学

『風の町生まれ、名物菓子の由来』

富山県の代表銘菓「玉天」は大正初期に"柳沢屋"の柳澤作蔵氏と"おわら玉天本舗"の林雅一氏によって発案されました。
林氏が修行に行った際に淡雪の作り方を見て、それをヒントに玉天を考えたとか。淡雪は卵の白身しか使用しないので「黄身を捨てるは勿体ない何とかして黄身を生かせないか?」 と考えた際に「表面に塗れば良い」と思いついたそうです。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.