とやま食の雑学

『そば界の聖地』

富山県内では中山間地を中心にそばの栽培が行われていますが、その生産地として知られるのが南砺市利賀村。その昔、そばはこの村の重要な産物でした。
米の栽培技術が確立され、戦後の食料事情が良くなった頃からは、冬の間、昔を懐かしむ行事として隣近所の人達がそば粉などを持ち寄って「そば会」を開くようになりました。
「そば会」が拡大したのが現在の「そば祭り」。さらに、「世界そば博覧会in利賀」の開催など、利賀村はそば通には一度は訪れたい「聖地」とまで言われるようになりました。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.