とやま食の雑学

『深海+新鮮=富山のすり身』

実は、魚をすり身にする場合、新鮮なものでないと身が十分につぶれません。他県では、深海魚の「ニギス」は漁場が遠いので干物にされる事が多い中、富山湾は近海で「ニギス」が穫れるので、漁場が近い富山では新鮮なものが手に入ります。
ですから、「ニギスのすり身」は新鮮な状態で手に入れる事が出来る"富山ならでは"の料理と言えます。脂がのった時期には刺身、焼き物などにするとおいしですよ! ※一部地域では「ミギス」と呼ばれています。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.