とやま食の雑学

『秋にとれて冬に食べる野菜』

富山の冬は地場産の生鮮野菜が少なくなることから、秋に保存できる野菜が多く栽培されます。
五箇山地方の集落を作ったといわれている平家の落人が持ち込んだ伝説を持つ「紅カブ」秋に収穫され、根部は塩漬けにし、葉は天日干しで乾燥させ、昔は越冬の貴重な保存食にされていました。塩漬けにした、さらに甘酢に漬け込んだ色鮮やかな「紅カブ漬け」は、素朴な味わいで人気です。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.