とやま食の雑学

『マスには沢山由来がありマス』

「マス」は漢字で「尊い魚」と書いて「鱒」と読みます。
富山地方の豪族が、朝廷に献上していた高級魚。現在でも"桜鱒"または"本鱒"と呼ばれ、超高級魚として扱われています。
「マス」の名前の由来は、味が「勝(マサル)」からとする説と、朝鮮の方言で「松魚」を「マスノイオ」と読んだ説など諸説ありますが、色の赤さや味、大きさや繁殖力などが「増す」に通じるため「マス」に定着したと言われています。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.