とやま食の雑学

『うるさいくらい美味しい?』

富山に古くからある焼き菓子のひとつ。
「がや焼き」は南砺市城端地区の銘菓として知られています。平家一門が五箇山に逃れたとき、カヤの木の実を食に使ったことが「がや焼き」の始まりと伝えられています。
"がや豆""かや焼き"とも呼ばれ、カヤの実をすりつぶして小麦粉などと混ぜ合わせ、まるくしたものを硬く焼いて砂糖をかける。
カヤの実独特の風味が活きた、昔から変わらない素朴な味が人気。ほとんどのお店で手作りされており、地元の人に長く愛されているお菓子。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.