とやま食の雑学

『外見よりも中身が大事!』

「庄川ゆず」は、砺波市(旧庄川町)の金屋山麓地帯で栽培されています。
ゆずの原種は弘法大師(こうぽうたいし)が植えたのが始まりと伝えられており、樹齢200年以上の古木もあります。日本最北のゆず栽培最適地ともいわれ、古くより「金屋ゆず」の名で親しまれてきました。表面にデコボコがあるので、外見の美しさには欠けますが、厚い果肉と酸味の強さが特徴で、その特有の香りも高い特上品です。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.