とやま食の雑学

『北前船+鰊=』

富山県では、江戸末期から明治期に北前船により北海道から昆布とともに"身欠き鰊(にしん)"が持ち込まれ、「にしんの昆布巻」に代表される数々の鰊料理が作られてきました。中でも栄養価の高い保存食として食べられてきたのが「にしんのこんか漬け」や「にしんの糀漬け」。
「にしんの糀漬け」は家庭料理で作られることもありますが、こんか漬けとともに、生産加工、販売されており、県内では小矢部市や氷見市の特産品になっています。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.