とやま食の雑学

『好かれるしらが、美味しいしらが』

「氷見うどん」は、かつて能登の輪島で作られていた白髪素麺(しらがそうめん)が起源と言われています。加賀藩献上御用うどんとして250年以上の歴史があり、江戸時代中期、能登門前の総持寺やそうめん座の技術を取り入れ氷見独自の製法を編み出して始ったと伝えられています。
また、北前船によって氷見へ伝えられたという説もあります。麺の細さから「糸うどん」とも言われ、コシの強さと滑らかな喉越しのよさが特徴。氷見市内には、今も伝統の製法と味を守り続ける製麺会社が数多くあり、自宅用としてはもちろん、贈答品としてもたいへん重宝されています。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.