とやま食の雑学

『一度消滅した野菜』

60年ぶりに畑での栽培が再開されたのが富山の伝統野菜「草島ねぎ」 大正時代頃まで富山市で広く栽培されていましたが、栽培の難しさにより戦後消滅。表むき世間から姿を消しましたが、富山市農業センターが地元の農業者から草島ねぎの種をあずかっている事実が判明したことをきっかけに、富山県農業技術センター、野菜花き試験場が、種を何度かの栽培、収穫をくりかえして更新し、富山市の農家の協力を経て、復活させました。
Check
« 前の記事 | とやま食の雑学記事一覧 | 次の記事 »

Copyright ® 2008 Wekey TOYAMA All Rights Reserved.